嵐さずえ

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

戦争への反省

Posted by on   0 comments   0 trackback

14.jpg
昭和と切っても切れない人だからか。夏のきわみに、この春死去した城山三郎さんをめぐる本の出版が相次いでいる。17歳で入った「軍隊」が残した傷痕から出発し、 生涯をかけて 戦争を追究した作家である。

亡くなる前年にお会いしたとき、特攻の話になった。戦争末期に「桜花」という特攻機があった。着陸する車輪さえなく、 体当たり だけを目的に作られた兵器である。あるとき米国の航空博物館で、城山さんは実物を見る。あまりにも狭い操縦席に、胸をしめつけられた。

若者が身体を折りかがめ 、兵器の一部となって乗り組んでいく。悲劇的な姿が脳裏に迫った。人格など顧みられず、人間が消耗品扱いされた時代を痛感したという。死んでいった兵への愛惜を語り、「行かせた者は許せない」と目を しばたかせて いた。

そして、城山さんのいない8月15日が巡る。人命を湯水のように戦場に つぎ込んだ 指導層の責任を、城山さんのように問う戦中派もいる。横浜の飯田進さん(84)は、南方での餓死、病死のありさまを書き残そうと、時間と競争の執筆を進める。

自らも死線をさまよった。軍部は拙劣な作戦を繰り返し、補給もなく、おびただしい兵を 野たれ死に させた。その責任に 目をつぶって 、惨めな戦死者を「英霊」と呼べば、戦争の実相を隠すと思うからだ。

この夏の、城山さんをめぐる一冊に、若いころの本人の詩があった。戦争を、〈暖い生命を秤売(はかりうり)する〉ものだと 突いて いる。 気骨の作家の遺訓が聞こえてくるような、62年目の 蝉(せみ)時雨(しぐれ) である。

>>どうぞこちらへTENKOU^ˇ^<<

Post comment

只对管理员显示

Trackback

trackbackURL:http://xjy181008.blog.fc2blog.us/tb.php/38-d577945f