嵐さずえ

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

Posted by on   1 comments   0 trackback

今日の話題は、『涙』だ。
こちらへ

男は涙を見せるなと、男だったら、誰もが、父親に、叱れることがあるでしょう。そのように、成長しながら、強くなってきた。どんな辛さ、苦しさがあっても、涙を我慢できる。これこそ、男らしいって、自慢するでしょう。

子供の時、『泣き虫』と呼ばれる人が、いっぱいでしょう。けんかしたとか、夜道を寄ったと、注射されたとか、涙が、ざわざわして、どんなに、爽やかだろう。その時、泣きながら、母ちゃん、婆ちゃんって呼んだ。本当に、いい思い出だった。今なら、そんなことできたら、『泣き虫』と呼んでもいい。『泣き虫』と呼ばれるのも、幸せだなことだなぁと、わたし、そう思っている。

涙が、まだ、あると言えるなら、感情が、中にあると言えるでしょう。特に、この暖かさが、だんだん、なくなっちゃう世の中に、涙が、まだあるなら、こころが、まだ、暖かいだとの証拠だ。

一番、美しいシンーが、母が、駅まで、送ってくれた時、手を振りながら、涙が、流れてきたのだろう。異郷の旅人たちは、このシンーが、何度も、夢のかなに、現すだろう。
こちらへ
恋の涙が、どんな味でしょう。時に、甘くて、時に、辛くて、時に、酸っぱくて、時に、苦しくて、まあ、なんでしょうね。でも、一つ分かるのは、恋の涙が、きっと、輝いて、眩しくて、人の心を動かすものがある。だって、心を込めていないと、涙が出られるわけがないんだ。

人間ってさあ、笑顔だけで、生けないものだの。たまには、涙も出ようよ。人に、笑われても、かまわない。男らしくなくても、かまわない。そして、涙を拭いて、もっと、しっかりして、元気になって、強くなって、今度は、転ばないように...

涙とともにパンを食べたものでなければ人生の味はわからない。そのとおりだ。覚えておこう。

>>どうぞこちらへTENKOU^ˇ^<<

Post comment

只对管理员显示

Trackback

trackbackURL:http://xjy181008.blog.fc2blog.us/tb.php/35-bb715477