嵐さずえ

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

紫金草の思い出

Posted by on   0 comments   0 trackback

美人

中国のある大学生の作った文章ーーー:「花が咲いている 紫金の野の花 風にゆれる やさしい花よ 海を越えた 平和の種 想いをよせて 花が咲いたよ」(『平和の花 紫金草』より)と、軽く柔らかな合唱が耳に響いていました。

そうでした。先生と初めて会ったのは、大学一年生の日本語会話授業の時でした。「ねえねえ、聞いて。会話の授業を担当する先生のこと、知ってる?中国語がお上手だって」と周りに集まった女子学生がつぶやきました。しばらくして、先生がいらっしゃいました。にこにこして、とてもやさしそうでした。それが私の先生に対する初印象でした。また、確かに中国語がお上手です。

大学に入学した直後で、日本語が全然分からない私たちに対し、先生はまじめで親切にいろいろ教えてくださいました。単なる日本語ではなく、日本文化や風俗などのことも含んでいます。「若いうちに、できれば多くの知識を身につけて」とも丁寧に分かりやすく教え諭しました。いつも和やかな雰囲気で授業を行いましたから、みんなはとても熱心でした。ある日、先生は新出単語の書き取りをさせました。クラスの中に満点を取った人は一人しかいませんでした。勉学に勤しんでいた李さんでした。教壇に立っていた先生はその李さんを褒めました。「よくできましたね、李さん。すご—い」と。私は一つの間違いだけで99点を取りました。ふだん一生懸命勉強していたので、こんなささいなところで間違ってしまうなんてと、とても悔しい気持ちになったことがあります。正直言うと、私は人に負けたくないタイプです。先生に評価してもらいたくて、それから半年間ずっと日本語に打ち込んできました。ある日、先生に相談することがあり、事務室に行きました。タイミング悪く、先生は他の人と話をしていました。外で待っていたところ、次のような話が耳に入りました。「張さんは、本当に真面目な子だ。いつもよく頑張ってるよ」と。その時、私は何もいえず、涙で目頭が熱くなりました。

教科書に書いていることだけを教えてくださったのではなく、先生は自らの経験を私たちと分かちあっていました。それらの中で私に一番強い印象を与えたのは紫金草のことでした。紫金草という花は、わが国の南京地方では「二月蘭」と呼ばれています。抗日戦争当時、日本人の薬学者で、陸軍衛生材料廠の廠長だった山口誠太郎さんが、昭和14年に南京でこの花に出合いました。彼は平和を呼びかける思いで「紫金草」と名づけ、種子を蒔き広めて行きました。後日、このことを題材に『平和の花 紫金草』という合唱曲が制作され、1998年東京の足立区で初演されたということです。そして、2001年3月には南京市でも日本から200人の合唱団が訪中し公演をしました。その後、ほとんど毎年中国に来たそうです。メンバーは全員退職者の方で、平均年齢は60歳を越えます。先生の奥様も合唱団の一員だそうで、2011年3月、南京で公演をされました。

誰も知っている通り、折しも日本は東日本大震災に襲われ、未曾有の被害を被りました。白む空に立ち上る幾筋もの煙、横倒しの高速道路。ビルが倒れたり、人が生き埋めになったりして、にぎやかな町はあっという間に廃墟になってしまいました。テレビに見入った時のその惨状を今でも忘れません。それにもかかわらず、紫金草合唱団は活動を取り消さずに、予定通り訪中されました。新聞社の取材を受けた時、創立人の大門高子さんは「地震と津波が起きたせいで、家族を失ってしまったメンバーが何人もいます。延期するかどうか迷っていました。地震·津波は天災ですけれど、戦争は人災です。戦争はすべての生命を奪う恐れがあります。予定より人数は少ないですが、困難を乗り越えて南京にやって来ました。私たちは平和を祈求する人の集まりで、世界の平和を守ろうと望んでいますから」と語りました。

先生から伺った「紫金草の物語」です。先生と一緒に勉強してきましたが、いよいよお別れしなければならない時が来ました。先生はいつものように、ずっとにこにこしていました。しかし、その笑顔の中に少し悲しさが感じられました。その時、鬱々とした様子の私たちを見て、「最後じゃないから。また会えるからね」と、先生が慰めてくださいました。その言葉を聞き、私は少し落ち着きました。確かに、先生の言うとおり、たとえ離れていても、相手を思う気持ちがあれば、互いの絆が消え去ることはありません。

最後になりますが、私は中国で日本語教師として働き、長年中日交流に大きな貢献を果たされた先生に感謝の意を表したいです。いままで長い間ありがとうございました。

「花と生きる 広い空見上げて 風よ教えて 心の絆を 大地の友と共に生きる 誓いを胸に 花を咲かそう」
平和の花は、海を越え、そこにいる人々の心に咲き満ちる。それは私の祈りです。

>>どうぞこちらへTENKOU^ˇ^<<

中日交流における感動的なエピソード――通訳として幸運なデビュー

Posted by on   48 comments   0 trackback

オススメ、どうぞこちらへ
中国のある大学生の作った文章ーー:去る夏休み、私は故郷の正定に帰りました。

正定は、歴史が長く古い町ですが、三国時代の趙雲廟、隋の時代の隆興寺のような名所旧跡でもあり、中国国家卓球訓練センター、国際的な日用雑貨卸売市場など代表的な現代化された建物もあります。私が日本の方たちに会ったのは、その国家卓球訓練センターでのことでした。

考えてみれば、少し決まりが悪く、五年間も日本語を習ってきたのに、私は通訳者として日本人と交流した経験が一度もありませんでした。また、いつも「自分は実力が弱すぎる。」と心配ばかりしていたため、日本人に会ったら、なんだか緊張して心細くなってしまいました。しかし、私は通訳という仕事に非常に憧れています。自分の夢に背きたくなく、私は試練を乗り越える覚悟を決めました。従って、面識のない人との付き合いが苦手な私は夏休みに、手伝いだけでもいい、経験をするだけでもいいと、外国人の選手達が集まる国家卓球訓練センターに通いました。

今年で丁度、中日友好四十周年という節目を迎えます。記念行事の一つとして、「中日友好都市中学生卓球交歓試合」が8月17日から20日まで北京で開催されました。各参加チームは、友好都市同士、男女混合の4人で構成されています。正定を統轄する石家庄市は長野市と姉妹都市で、8月15日に長野市の選手一行6人を迎えました。

日中友好協会のメンバーで責任者の峰村さんは、一見厳しそうな顔でした。私が僅かな自信を持ち、また例の心配で不安に駆られました。

「こんにちは。」

と私が挨拶すると、峰村さんは優しい笑顔で、それも何と中国語で

「你好(こんにちは)。」

と返事をしてくれました。思ってもいなかったので私は驚きましたが、峰村さんが親しく感じて、とても嬉しく、気持ちも少し落ち着きました。

「峰村さん、中国語ができるんですか?」と私は聞きました。

「少しだけですよ。」と、眼鏡の奥から温かい眼差しで答えてくれました。

「少しだけ」とは言え、私は非常に安心しました。簡単な会話で心の距離を縮められることは、とても不思議でした。
オススメ、どうぞこちらへ
日本側の選手二人は、中国側の選手二人と新しいチームを組み、四人で卓球交歓試合に出場しました。簡単な挨拶を交わした後、四人はさっそく練習試合を始めました。

穴山慧くん、負けず嫌いな14歳の男の子です。最初は自信満々で試合に臨んでいましたが、結局、中国側の同年の耿くんにすっかり負けてしまいました。悔しくてたまらなかった穴山くんは、休憩時間に一人で体育館の隅へ行き、頭を壁にそっと叩き突けており、悲しそうな姿でした。その様子に気がついた中国側のコーチの陳さんは、穴山くんを慰めながら技の欠点を指摘していました。その会話を通訳した時、私は言葉遣いに気を付けながら、陳さんの気持ちを伝えました。ようやく明るい表情を見せた穴山くんは、微笑んで

「ありがとう。」

と答えてくれました。この瞬間、私は通訳者としての誇りをしみじみと実感しました。

午前中の試合を通じて、双方の選手たちは徐々に相手のコンビに慣れていきました。昼休みの後、四人は興味津々に鉛筆や紙を使ってコミュニケーションを取り始めました。意味が伝わらない所は私が通訳しました。友好的な雰囲気に包まれ、私も非常に嬉しかったです。

実のところ、日本側にも通訳の方が付き添っていました。その通訳の方は雑談をしていた際に私が今回初めて実際の現場で通訳をしたと分かると、

「そうですか、デビューおめでとう。」と言ってくれ、「じゃあ、これからは李さんが主役を務めましょう。私が補助しますから。」

その言葉を聞き、なんて優しい方なんだろうと感激しました。ベテランの彼女が私の気持ちを思いやってくれ、通訳を鍛える良いチャンスを与えてくれました。そのことに私はとても感動しました。

午後は観光でした。観光した場所は正定の人たちが誇りとする、八大寺の一つで最も悠久な歴史を持つ隆興寺でした。ガイドの案内に従って、私たちは神聖且つ閑寂な古刹を訪れました。途中私の通訳が行き詰まった時、峰村さんと日本側の通訳の方がいつも優しく助けてくれ、私の苦しい状態を打開してくれました。

穴山くんは、やっと負けた悔しさから立ち直り、本来の無邪気で明るい笑顔を見せていました。そこの庭には、樹齢五百年のアカシアの木が植えられ、その周りを三周すると幸せになるという言い伝えがあります。穴山くんが男の子らしく元気に駆け出し、楽しそうに木の周りを回り始めました。そこにいた全員が彼の可愛さを微笑ましく思い、和やかなムードが漂っていました。この時、中国側と日本側の絆がますます深まったなと私は感じました。

幸運なデビューでした。

楽しい観光が終わり、いよいよお別れの時間になりました。峰村さんが日中友好協会の記念バッジを私に贈ってくれ、握手をして別れを告げました。穴山くんも持っていた塩飴をくれました。私はとても感動し、自分で書いたカードを彼にあげました。

黄金の夕日を浴び、名残惜しい別れを思い出し私は少しだけ悲しくなりました。今回出合った方たちと、今後再び会うことはないかもしれません。しかし、この日深まった中日友好の絆は、きっと私の心に一生刻まれることでしょう。正にこの時、私は通訳者としての責任と誇りをしみじみと感じたのでした。それに、例の心配はもうなくなり、勇気も湧いてきました。
オススメ、どうぞこちらへ
きっと明日はもっと晴れることでしょう。通訳をした経験も、中日両国の友好も。

>>オススメ、どうぞこちらへTENKOU^ˇ^<<


絆——中日交流における感動的なエピソード

Posted by on   1 comments   0 trackback

こちらへ
中国のある大学生の作った文章:ーーー千穂さん、見渡す限りの東海を越えて、貴方と出会ったのはなんかの縁だ。この掛け替えない絆はきっと神様が与えただろう。

一年前の10月、私は有難い機会を得て、東京のある大学を2週間訪ねた。着いた日の夜、持て成してきた千穂さんという女性と巡り合った。彼女は太陽のように眩しかった。黒くてしなやかな髪や洗練された化粧、また温かい微笑みは私の心の琴線に触れた。「初めまして、四年生の千穂です。これからの15日間は皆さんと一緒に楽しく過ごしたいです。何かありましたら、いつでも相談に来てください」と言った。そしてその夜、私はベッドに入った後もずっと彼女のことを思っていた。

翌日の早朝、階段を降りていたところ、食卓のそばに座っていた千穂さんと目があった。なぜかわからないか私は忽ち頭を下げた。

「おはよう。金さんじゃない?」

「は、はい。金立です」。話したいことがいっぱいあったものの、日本語初心者の私にはやはり難しすぎ、うまく話すことができなかった。朝ご飯の後、私達は原宿、渋谷に行った。初めて日本の電車に乗り、窓から外の景色を見ていたところ、「金さんは何歳?」と千穂さんから不意に話しかられた。「私は…18歳だ」「18歳?すごいな」。いつの間にか、私は本当の自分を彼女の前に表したいという気持ちが湧いてきて、彼女と楽しくおしゃべりをした。たぶんあの時から、私達の友情は始まったのだと思う。

まだ覚えているのは、来日して7日目、日本の有名な富士電機に訪問した時のことだ。昼に会社の紹介を聞き、夜は立飲パーティーに参加した。これは当時一年生であったの私にとって、貴重な体験だったが、間違った日本語を使うことが怖くて、弱虫になってしまっていた。

「金さん、どうして黙っている」と貴方は突然私の肩を叩いた。

「でも弱いな私、きっと無理だ」

「そんなことないよ。皆親切だよ。さあ、自信出して」と言ったとたんに彼女は私の手を引いて、ある社員のところに連れて行ってくれた。彼女に励ましてもらった私は、ようやく勇気が芽生え、社員たちといろいろな交流をした。その日は初めて言葉の美しさを実感した。言葉は道具ではなく、自分の本音を吐き、相手に伝えることこそは言葉の価値だと考えるようになった。そのことに気づかせてくれた千穂さんにありがとうと伝えたい。「千穂さん、日本語と私の絆を深くさせて、ありがとう。そして、私達を会わせてくれた運命に、ありがとう。」
こちらへ
日本を去る日、見送りにきた千穂さんは必死に手を振り、微笑んだ。これを見た私は、目からは何か真珠のようなものが流れていた。

学校に戻ってからの一か月間は、授業や試験、サークルなどで忙しかった。以前と同じ毎日を過ごした私は、ある日彼女からのメールを受け取った。「金さん、テストはできた?日本はとても寒くなってきたよ」と書いてある。簡単な挨拶なのに、なぜか堪え切れず涙が零れた。日本での千穂さんとの思い出達が目の前に浮かんだ。それは、甘美で花のような思い出だ。

しかし、ショックも受けた。高校の親友に千穂さんのことを話した。すると彼女は信じがたい顔をして、「まじ?」と言った。実は私もよく知っている、昔日本と中国の間に怨念があるのは確かだ。しかし、その怨念に囚われていたら、両方の恨みを買うだけで何も利益を得られない。そもそも中日両国は切っても切れない絆のある隣国だ。経済大国の日本には学ぶべき価値のあることがたくさんあると思う。その上、日本人も中国人も同じ世界で存在している人間だから、違った考え方と行動方式は両国の付き合いを妨げる障害になるわけにはいかない。2012年ロンドオリンピックの際に、日本と中国の選手は何度も一緒に表彰台に立ったり、抱き合ったり、勝利の喜びを分かち合ったりした。こんな場面を見るたびに、胸が詰まった。日中の絆は永遠に否認できないものだ。この絆を育むために、両国民は尊重し合い、共通の発展を追ってこそ、両国の信頼関係を結べるのではないか。

千穂さん、貴方はどう思う?私達はただ普通の民衆にすぎないとはいえ、中日の友好関係を心から真摯に願っている。毎年、中日両国の姉妹校は交換留学生を派遣することになっている。したがってこの機会を通じて、今後たくさんの日本人と中国人が私達二人のような友情を持つことが見通せる。私もこの機会を通して千穂さんが大好きになった。この気持ちは国境を越え、偏見を破る力があり、いつまでも変わらない。だから、私達の間の絆をもっと強く、もっと大切にしていきたい。
こちらへ
本学期、私は日本の大学に留学に行く予定だ。それで、千穂さんと再び会うことができれば、最高な幸せだと言っても過言ではない。その時はぜひ彼女の手を握り締めて、日本の美しさを思い切り味わいたい。千穂さん、いい?

>>どうぞこちらへTENKOU^ˇ^<<

日本人の暖かさ

Posted by on   2 comments   0 trackback

中国のある大学生の作った文章:子供の頃から、私は日本人によい印象を持っていませんでした。それには三つの理由があります。

第一には、子供の私にとって、日本はどんな国か、日本人はどんな人か、よくわかりませんでした。一般的に、子供はただ自分に親しい人や物事に興味を持つものです。子供はただ自分の狭い世界に生きて、自分を世話してくれている人をよい人だと思っています。それでは、なぜある子はほかの人に抱かれると、すぐにわっと泣き出すのでしょう。私の狭い世界の中では、たまに家族の話の中に出てくる日本人は、私の全く知らない人でした。第二には、たまに出てくる日本と日本人はほとんどテレビからの情報です。小学校から中学校まで、私たちは一ヶ月に二回学校の講堂に集められて、映画を見ました。その映画の内容は様々で、雷鋒の優れた行いを説明するものや、迷信を打破するための宣伝や抗日戦争に関するものなどがありました。その中で、抗日戦争に関するものが一番多かったです。私自身が体験した苦難ではありませんでしたが、それでも、日本という国と日本人は嫌いだという感情が生まれました。第三には、うちのおじいさんは軍人でした。彼の幼年時代は日本人から受けた苦しみはとても大きかったです。彼の青春時代は日本人との戦いでした。おじいさんはそろそろ百歳になります。戦争のせいで、耳がだんだん不自由になつて、もう聞こえなくなってしまいました。私が一番愛しているおじいさんは私の先生だと言ってもよいです。以上の理由で、日本人によい印象を持てませんでした。

そんな私がなぜ日本語を専門にしたのでしょうか。たぶん天の意志だと思います。私はまもなく四年生になります。この三年間で日本という国や日本人が理解できるようになりました。それは、ただ言葉だけの交流ではなくて、心の交流ができた結果です。その中で、強く印象に残った二つの例をあげます。この二つの例のおかげで、私は日本人の暖かさを知ることができました。

大学の二年生の時、私は「2011中国吉林国際アニメとゲームフォーラム」のボランティアをしました。私たちボランティアの仕事は主に日本からの来賓に付き添って活動や会議に出席することです。それは私たちが一日中日本人と一緒に行動することを意味しました。こんなにも近くで日本人を見るのは初めての経験でした。私が担当する来賓は瀋陽の日本領事館の松本総領事でした。彼は中国に来てもう9年経ちます。その上、松本総領事は、中国と中国人のことについて、本当によくわかっていました。そして、松本総領事の中国語はとても流暢で、中国人のようでした。そんなことから、私と松本総領事との距離はすぐ縮まりました。そして、だんだん松本総領事の人柄に圧倒されていきました。自分はなぜ中国語の勉強をしたのか。自分はどうして中国に来たのか。自分は中日関係をどのように思っているか。総領事は何でも私に話してくれました。私の中日関係に対する一面的な物の見方を恥ずかしく思いました。別れる時、松本総領事は私に「琳ちゃん、自分が好きな道を選んで、最後まで頑張ってね。」と言いました。私はその言葉に大いに励まされて、自分の信念を貫くことを心に誓いました。日本人の暖かさに触れて、感激しました。

次は、友達に起きたことです。一緒にボランティアをした友達の王さんは日本の有名な漫画家のボランティアを担当しました。別れる時、その漫画家は「日本に戻ったら、王ちゃんに漫画を送るよ」と約束したそうです。その時、王さんは離れのつらさと共に、日本人の優しさに感動しました。寮に帰って、王さんはそのことを私たちにうれしそうに自慢しました。それなのに、一週間経っても、漫画は送られてきませんでした。その時、日本に大地震が起きて、みんなはそのことに気を取られ、王さんもだんだんその約束を忘れていきました。そんな、ある日、王さんに郵便小包が一つ送られてきました。その小包を開けると、王さんの目に涙が溢れました。小包は漫画家からの漫画でした。王さん自身も約束は約束で、ただの挨拶だと考えていました。だから、約束が果たされたことに感動しました。私たちも、日本人の暖かさを感じました。

小さい時の日本人に対する悪い印象が消えて、今、私は日本と日本人から暖かさを感じています。歴史は歴史として忘れることはありませんが、それは現在の中日友好の妨げにはなりません。重要なのは現在と未来です。もし、中国人と日本人がともに私のように、お互いに暖かさを感じることができたら、お互いに対する理解も深まっていくのではないでしょうか。今、中日関係に欠けているのは、中日両国民の暖かさではなくて、欠けているのは暖かさを感じる心だと思います。

>>TENKOU^ˇ^<<

中日交流における感動的なエピソード

Posted by on   0 comments   0 trackback

中国のある大学生の作った文章:ーー今年の9月に、私は初めて日本に行きました。「交流」というより、「勉強」のほうがこの旅のキーワードとなります。

先週の週末、友達と日本についてのアンケート調査をしました。通行人に「日本というと、どんなことを思い出しますか」と聞くのです。調査によると、「日本はきれいな国」という答えが一番多いです。その他、礼儀正しいという意見もありました。日本に行く前に、すでに4年間日本語を勉強したと言っても、私もみんなと同じ印象を持っていました。

でも、どんなことだって、自分で実際にやってみたり、体験しないしたりしないと、楽しみも苦しみも味わうことはできません。私は、今回、実際に日本に行って、いろいろ勉強して、日本人と日本社会に深く感動されました。

まず感じたのは日本人の生活に対する気持ちです。中国語では「人性化」という言葉があります。これは「人々がもっと心地良く生活するように」という願いを込めて、物を作ったり、制度を立てたりするという意味です。日本では、それを実現してデザインされたものがたくさんあります。例えば、トイレの中には「音姫」という物があります。これはボタンを押すと,水の流れる音がして、物音を消すことが出来る機械のことです。中国ではいつも面倒な事に遭います。そんな時,私は「あのようにデザインされたものがあるといいなぁ~」と思います。ですから、日本で本当に会った時はわくわくして、感動してたまらなかったです。今までなかった知己は見つかるような気持ちになりました。日本人が自分の生活をよく観察して、考えて、「もっと便利に生活できるように」という気持ちを込めて、製品を設計することに私はとても関心を寄せてるし、感動しました。だから、今でも日本の物を使うたびに、あの時の気持ちを思い出します。「製品は人がもっと便利に生活できるように作られた物」と、日本の物に教えられるのです。

日本の科学の発展は世界中でも認められています。それは日本の教育のおかげだと思います。日本に行けば、いつも地下鉄や電車で本を読む人が見られます。彼達はほとんど文庫本を持って、がらんとした地下鉄の中に座っていても、込み合っている車内に立っていても、何も話しないで、じっと本を見詰めています。でも、中国のバスでは本を読む人はめったに見られません。みんな大声で携帯をかけたり、大声でしゃべったりします。そういうことから見ると、日本人はなぜノーベル賞がもらえるか、なぜ国民の素養が高いか分かるでしょう。子供の時から、読書の大切さをよく教えられたのでしょう。だから、日本の教育は優れていると思います。教育は国の未来を握っている大切なことだと思います。これは中国で何度も勉強したことですが、日本で教育の大切さが分かるようになりました。私はこうした日本人の勉強への情熱、知識への情熱に大変感動しました。中国人もそうすればいいなぁと思いました。これが日本の電車で勉強したことです。

日本に行った3日目には中日交流活動が禁止になりました。いろんなことで、中日両国の関係は緊迫してきました。でも、日本人はみんな親切にしてくれました。中国の政府は秘密な所にありますので、誰でも東京都庁舎に入れることに私は驚きました。その中に、ボランティアとして私たちに案内してくれたおばあさんがいました。彼女は78歳で、もう10年間庁舎で働いていたそうです。彼女は毎日見物する人たちを案内してあげています。毎日同じ仕事をするのは大変だと思いますが、彼女は「いいえ、楽しいよ」と言ってくれました。その時中日関係は緊迫した状況で、「ここに来てどうなるのかなぁ」と実は心配していました。でも、おばあさんは「あれは政府のことだ。私たちの間では、交流などはまだ続けて欲しい。それに、私たちは今も友好関係があるじゃない。政府たちのことでこの感情を破りたくない。」と言ってくれました。実際、あの数日間、日本にいるうちはずっと中日のことをテレビや新聞を通して注目していました。そして、私は強い衝撃を受けて、本当に辛かったです。でも、彼女の話を聞いて、中日関係に再び自信を持つようになりました。この40年間重ねた感情でそのことで破りたくないです。状況はだんだん悪化していっても、私はできるだけ日本でお世話になったみんなに感謝の気持ちを伝えたいです。

帰国してもう一ヶ月になりました。私も今まで考えられなかったことについていろいろ考え込んでいます。感動という言葉はどんな意味だと思いますか。ただ涙を落としたりすることではなくて、心からあることを深く体験して、心の中にある一番やさしい物に触って、これからの人生に深い影響を与えることこそ、本当の感動だと思います。日本での旅から勉強したいろいろなこと、さまざまな日本人がくれた感動の気持ちは一生も忘れられないと思っています。これからは何か中日両国の人々に感動させることをしましょう。

>>TENKOU^ˇ^<<