嵐さずえ

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

デート代は男性がおごるのが当たり前?

Posted by on   1 comments   0 trackback

27.jpg
デートの際、会計はどうしていますか? 割り勘?それとも男性がすべて、もしくは多めに負担していますか? デート代は男性が負担することが多い風潮に疑問を感じる方から、こんな投稿が。「女性は化粧品や服にお金がかかるのでデート代は男性が出すべきと思う方に質問」

質問者は、女性が身だしなみにかける金額が高いという理由で男性にデート代を支払わせているのであれば、もし男性がデートのために300万円の車を買ったら、女性はデート代を支払う義務があるのではないか、とたずねました。

「彼氏におごらせることが正しい、という根拠が“彼氏とのデートの準備で使うお金が多い”なら、彼氏の立場にたてば、彼女とのデートのための出費が多いという論法も成り立ちます。だから彼女がデート代を負担するのが当然でしょう」正論ですね。確かにそのとおりですが、男女の思考は違います。さて、女性の言い分は?

■女性の本音は「やっぱり出してほしい」

  「おごってくれる男性って包容力がありそうだし、収入の変わらない男性がおごってくれたら『私のために無理してくれているんだな』ってうれしくなります。お金っていうより、気持ちの問題じゃないかな」“お金ではなく、気持ちの問題”、建前はこうなのでしょう。

  「車に300万も出させることは望んでいないし、デート代がなくなるのなら、そんな車に乗りたくありません。もし女性がデート代すべてを負担するとこうなります。ヘアメイク、ファッションのランクが下がる輝く自分を見失い、車のためにお金を出す自分に疑問を感じ始める

 ↓

 私はヒモ…?

 ↓

 彼が愛しているのは私ではなく、車

 ↓

 自分を取り戻したい

 ↓

 別れよう
22.jpg
「経験上、女性より明らかに収入が上の男性は、いくら高くてもすべて出してくれますし、そういう方に『払いますよ』と言うのはかえって失礼なので『ごちそうさまです』を当たり前とします。高級車だからと、女性がデート代を出す必要もないかと。また口説こうとデートに誘ってくる男性は、ほぼ割り勘とは言いません。男性側でも、“餌”と考えているわけですからね。無理に割り勘にしようとは思いません」

男性は納得いかないかもしれませんが、こういう女性もいます。いや、これらの回答を見ていく限りでは、多少なりとも女性の深層心理には、男性におごってもらいたい気持ちがあるのではないかと思います。なぜなら、「デートのためだけに車を買ったなら、出すかも。それか車の購入代金を半分支払うからデートは割り勘とかにするかも。ただ本音はデート代を負担してほしい」(a4doさん)

   「化粧品や服にお金がかかるのは彼氏のためではないですが、男性と女性では収入に差があるので『その分多く出してね』というのが本音です」

女性側もデート費用を出す、身だしなみにお金をかけるのは自分のため、と前置きしつつも、本音では相手に負担してもらいたがっているのですから。

とはいえ、不況の今、男性も女性も多くは、以前よりも自由につかえるお金が以前よりも減っているでしょう。もしデート代を一方的に多く負担していることを重荷に感じているなら、相手にお金のことをしっかり伝え、改善していけるフランクな関係を築きたいですね。

>>どうぞこちらへTENKOU^ˇ^<<

デートや旅行で失敗しないために…

Posted by on   0 comments   0 trackback

y1.jpg

デートや旅行で失敗しないために…。
デートや旅行など、恋人とのお出かけの際、女性が相手に対してやってしまうといけないことを幾つかまとめました。

行動に出ていると男は傷つきやすい
y2.jpg

ドライブ中、助手席でメイク直しをする

どうしても気になってしまうメイクの崩れ、運転中の助手席で直してしまうと相手は「恋愛対象としてみてもらえてないのか」と思ってしまいます。メイク直しはお化粧室でなるべくやりましょう。


彼氏の運転に口をだす
運転には、その人の性格が顕著にでやすいので、気にはなるかもしれませんがなるべく意識しないようにしましょう

過去の恋愛話を聞いたり話したりする

お出かけ自体を楽しもうとしない

スパっと言い過ぎるのもNG
y3.jpg

デートなどの際にきっぱりと言ってしまうのは結構ショックだったりするのでやめましょう。

待ち合わせに遅れてきた彼に「遅いよ。」と怒る

お店選びで迷っている彼に「早く決めてよ。」と急かす

「○○くんってさあ」と他の男子の話をする

こういうふうにするとOK
y4.jpg

デートを楽しみにしていたことを伝える

デートの前夜、とても楽しみでワクワクして眠れなかったりということもあるでしょう、そのことを素直にさり気なく伝えるだけでも相手は喜んでくれます。


男性のそばを離れないようにする
自分の後をついてくる女性を見れば、男性は喜ぶそうです。


女性のほうから手をつないだり、腕を組んだりしてみる

デートの時、緊張し過ぎて男の方からなかなか手を出しにくいもの。こういう時は自分から率先して行動するといいそうです。
>>TENKOU^ˇ^<<
>>TENKOU2^ˇ^<<

デートの約束

Posted by on   0 comments   0 trackback

彼女とデートの約束をしていたのに、急な仕事が入ってしまって泣く泣くドタキャン。恋人同士のケンカの原因としていかにもありがちだが、これも社会人であれば致し方のないところだろう。

ただ、いくら仕事が忙しいからといって、たびたび約束を破るようではいけない。一度貼られた「ウソつき」「不誠実」のレッテルは、なかなか返上できるものではないし、こうしたきっかけから破局に至ることも十分あり得るだろう。

でも、仕事をサボるわけにもいかないし…、いったいどうすればいいの!?

「約束を守らない人が、必ずしも不誠実な性格の持ち主とはかぎらないですけどね。ある心理学者の研究では、人当たりの良さの裏返しである可能性も指摘されているほどですから」そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生である。

ドイツ・ケルン大学の心理学者が、恋人がいる大学生83人の男女を対象に、パートナーと交わした約束の遂行率を調査しています。その結果、人当たりが良くて周囲から好人物と認識されている人ほど、約束事の遂行率が低い傾向があることが判明したそうです。彼の分析によれば、相手に気を遣う人ほど、相手の気分を損ねないよう簡単に約束を交わす傾向があり、結果的にそれを守れないケースが多く見られたといいます。

たしかに、八方美人な人ほど、安易に次の約束を交わしてしまうことはいかにもありがちだ。

約束を破る人はもうこりごり…という人は、パートナー選びの時点で慎重に相手を見極めるべきでしょう。人間というのは、自身に課したルールを守る人ほど他人との約束も守る傾向が強いですから、たとえば仕事面で納期にルーズであったり、しょっちゅう禁煙に失敗している人などは、そもそも敬遠すべきかもしれません。

たびたび締め切りを破ってしまう身としては耳が痛いアドバイスだが、参考にしていただきたい。

未标题-2
>>嵐blue^ˇ^<<
>>嵐さずえTENKOU^ˇ^<<