嵐さずえ

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

女子はどういうつもりで肌を露出しているんでしょう?

Posted by on   0 comments   0 trackback

34-.jpg
夏になると、大胆に肌を露出した女子が増えますよね。思わずチラ見しちゃう、なんてこともあるのでは?

でも、「男子に露出した部分を見られるのはOK?」という街頭アンケートを40人程度に行ったところ、過半数が「不快」と回答。どうやら、女子の露出は男子の皆さんへのサービスではないようです。

そこで、江戸川大学社会学部で身体論を研究する平山満紀准教授に分析していただくことに。女子はどういうつもりで肌を露出しているんでしょう?

「夏という季節的な解放感もありますが、女性は自分の体のキレイな部分を見せ、自信のない部分を隠すことで、美しさを効果的に引き立たせようとしているんです。また、肌を出すということは、服という“身を守る盾”のない外界に自分をさらすということ。これは精神的·肉体的に、ある程度元気がないとできないことです。若い女性の方が年長女性より露出度の高い服装を好むのはこのため。さらに、女性は下品な語感のある“露出”という言葉を嫌うと思いますよ。自分では“露出”でなく、“肌見せ”だと思っているでしょうね」

確かに、“露出”っていやらしいイメージかも。ところで、街で見かける外国人の方々は、多少太めの体型でも年配でも、皆さん露出度高め。胸が透けるのもお構いなしで、ノーブラ&白Tシャツなんて人もいますけど…?

「太陽の陽射しが弱いヨーロッパで生きてきた白人の中では、“日に焼けた肌が美しい”という太陽信仰がまだ根強いので、少しくらい太めでもシミがあっても、できるだけ焼けた肌を見せようとするんです。肌を出すor出さないについては、個人の心理だけでなく、TPOや流行、お国柄や宗教など、複数の要素が関係します。さらに現代の日本人は、体型や肌などへの評価がとっても厳しい!それで、多くの国に比べると露出度が低めなんですよ」
30.jpg
所変われば、露出度の高さも全然違ってくるんですね。さて本題。女子は、誰に向けて露出しているんでしょう?

「一番は自分のため。次に、“見てほしい人たち”のためです。“見てほしい人たち”からキレイに見られることで、自分が満足するという流れですね。ただ、女性自身は視覚から性的刺激を受けることがほとんどありません。そのため、肌を出すことで男性に性的な刺激をもたらす、ということを自覚していない人が多く、性的な目線でジロジロ見られることに、予想外の不快感を覚えるのでしょう。でも、男女の刺激の受け方の違いをわきまえた女性なら、“どうぞ見て!”とはいわないまでも、“見られるのは仕方ない”と思ってくれるはず」

知らないおじさんからなめるように見られるのは困るけど、意中の男子から「キレイだなぁ」と見つめられるのはむしろ歓迎!ってことですね。わかるわぁ、その気持ち。

というわけで男子の皆さん、見知らぬ女子の露出部分を見るときは、控え目なチラ見にとどめた方がよさそうです。いくら露出過多な女子でも、彼女でもないかぎり、ガン見は歓迎はされませんので気をつけて!

>>どうぞこちらへTENKOU^ˇ^<<

マネキンのような中国美女

Posted by on   1 comments   0 trackback

0171037.jpg
以前、「まるでマネキンのような中国美女」が話題となったが、それ以上のインパクトを持った中国美少女に注目が集まっている。

彼女の名前は「KOKO(ココ)」。手足の長いスレンダーな体型は、まさに少女漫画のヒロイン風。しかし注目すべきは顔である。

少女漫画や美少女イラストのような、大きすぎる瞳にまずは衝撃をうける。もともと大きい目だったのかは定かではないが、化粧によってさらに瞳が大きく見える。

鼻も、もともと高いようだが、シャドウを入れることにより、より細く通った鼻筋に見える。顔が不自然に細く見えるのは、髪の毛に顔の両端が隠れているせいか。いずれにしても、浮き世離れした美少女である。

話題となっている中国の掲示板では、

「マジで怖い」
「おそろしすぎるだろ」
「幽霊かよ」
「死の恐怖を感じた」

など、怖いといった意見が圧倒的。また、「これはコラだろ」、「フォトショップだろ」といった画像加工説も飛び交っているが、彼女が自ら携帯電話などで撮影した動画もアップされているので、真偽の程は定かではない。

など、怖いといった意見が圧倒的。また、「これはコラだろ」、「フォトショップだろ」といった画像加工説も飛び交っているが、彼女が自ら携帯電話などで撮影した動画もアップされているので、真偽の程は定かではない。

>>どうぞこちらへTENKOU^ˇ^<<



手の届かない高嶺の花

Posted by on   0 comments   0 trackback

手の届かない存在

アニメや漫画には、「高嶺の花」キャラがよく登場するイメージがあります。実在するとしたら、どのような人なのでしょうか。そこで、男性450名に、高嶺の花と思われる女性の条件について訊いてみました。

Q.高嶺の花と思われる女性の条件を教えてください(複数回答)

1位 美人 65.1%
2位 お嬢さま 29.3%
3位 スタイルがよい 24.1%
4位 上品 18.4%
5位 実力がずばぬけている 15.8%

美人--
美人
「ちょっと美人はライバルが多いので近寄りがたい」

「美は一日にしてならずだから価値がある」

「ルックスが良いと多くの人が寄ってくるので」

お嬢さま--
お嬢さま
「普通の人とは違うオーラが出ている」

「階級の差を感じる人が高嶺の花だと思うから」

「相手にもそれ相応の家柄を求められるから」

スタイルがよい--
スタイルがよい
「見ているだけで、満足してしまうから」

上品--
上品
「品があると違う世界の人間なのかと思ってしまう」

「格が違うと感じてしまうので」

実力がずばぬけている--
実力
「実力抜群の女性はざらに居ない」

「相手にされなさそう」

「完ぺきな人だと思うから」

既に相手がいる人も高嶺の花!?--

恋人·夫がいる「恋人がいない人でさえ高嶺の花だと感じるので、恋人がいればなおさらです」

すぐ怒らない(終始穏やか)「穏やかで癒やされたい」

ダントツ1位に選ばれたのは、「美人」でした。一緒に並ぶことを意識しての考えなのでしょうか。「自分とは釣り合わないと思う」というコメントが多かったです。

2位は「お嬢さま」。庶民とは違う雰囲気が出ているので、気後れしてしまう人が多いようです。本人はナチュラルなつもりでも、はたからみたら家柄を感じてしまうこともあるのかもしれませんね。

3位には「スタイルがよい」がランクイン。グラビアアイドルや峰不二子のような存在なのでしょうか。見ているだけで満足してしまう人が多いようです。

「美人」がダントツ1位だったものの、それ以外にも多くの意見が寄せられました。「高嶺の花」のイメージは人それぞれなのかもしれませんね。

>>どうぞこちらへTENKOU^ˇ^<<

一般的な「女子力」とは

Posted by on   0 comments   0 trackback

一般的な「女子力」とは

女性の、メイク、ファッション、センスに対するレベルなどを指す言葉。きらきらと輝いた生き方をしている女性が持つ力。


女性の思う「女子力」とは

1.気遣いができる

ちょっとした思いやり、ちょっとしたことで男は『あ、この女性はちょっと違うな。』と思う生き物。例をあげると、

料理など小皿へ取り分けてくれる。食べ物や飲み物をこぼしたらハンカチを貸してくれる。

2.人柄のよさ

水商売の世界では美人でなくても売り上げNo.1になる人がいる。やはり人柄がいいからじゃ。

3.料理ができる

女子力の基本中の基本。男性の胃袋を掴む者のみが、その男性の心を掴むことができる。


男性の思う「女子力」とは

1.なんだかんだやっぱり容姿

結果、かわいいか、かわいくないか。見た目が全て。容姿がかわいいと言動にも影響を与える。

2.メイクやファッションに隙がない

最近ではすっぴんの女の子を好む男性が増えている。しかし、それとは別に女子としてメイクであったり、ファッションに気遣いはある程度しておいて欲しいのが本音。

3.いい香りがする

皆似たような香りを放っているためなかなか気づきにくいが、男性からすればそれは魅惑の香り。匂いは特に人間の記憶に残りやすいと言われているので、シャンプー1つでも、女子力を左右する尺度となりそう。

つまり···

女性は女子力に対して内面的な美しさや強さを求める傾向に。一方、男性は内面的なことよりも外見的な意識が際立つようです。
FE193551954.jpg
5b2e606460.jpg
>>嵐さずえTENKOU^ˇ^<<
>>嵐blue^ˇ^<<