嵐さずえ

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

木乃伊の霊魂

Posted by on   59 comments   0 trackback

13.jpg
大正の流行作家、田村俊子の代表作に「木乃伊(みいら)の口紅」がある。一人の女性が夢で、唇に鮮やかな紅をさしたミイラを見る話だ。言われてみればミイラは、冷徹な「死」の中にも「生」を引きとめて離さない、不思議な表情を持っている。

エジプトで確認されたハトシェプスト女王のそれも、幽明の境に漂うような、生の名残を宿している。紀元前15世紀に栄華を極めたという女帝である。「ツタンカーメン王以来の重要な発見」と考古学界は興奮気味らしい。

ツタンカーメンの墓を1922年に発見した英国の考古学者カーターらが、それより前の03年に発見していた。だが誰だかわからず、1世紀余を身元不明で過ごしてきた。DNA鑑定の進歩によって素性が明らかになった。

「この光景を前にしては、人間のはかない命を基準にした時間など展望を失ってしまう」。ツタンカーメンの棺を開けたカーターの回想である。古代エジプト人は霊魂の不滅を強く願った。その宿る所として、肉体にも永遠を与えようとした。

カンヌ国際映画祭で受賞した河瀬直美監督の「殯(もがり)の森」を思い起こす。殯とは、死者の本葬前に霊の復活を願いつつ鎮める、古代日本の風習だった。河瀬さんは、殯という「死者と生者の間にある結び目のような時空」を、深い森に求めて、現代の物語を撮った。

女王は3500年のあいだ霊魂を待ち続け、死者として存在してきた。それ自体が「結び目」のようなものだろう。荘厳さの漂う面ざしには口紅よりも、王冠の方が似合うようである。

>>オススメ、どうぞこちらへTENKOU^ˇ^<<


放鳥

Posted by on   0 comments   0 trackback

日本が「最後の5羽」で人工繁殖に賭けたのは1981年だった。同じ年、絶滅と思われていた中国で「最後の7羽」が見つかる。そこから日中で始まるトキ再生の物語。雨後の草むらに火をつけるような苦闘の先に、小さな炎が揺れ始めた。

新潟県佐渡市で放鳥されたトキから、初のヒナがかえった。環境省の無人カメラがとらえた子は、餌をねだって親のくちばしをまさぐる。日本の自然界で孵化が確認されたのは36年ぶりだ。

親鳥が保温や餌やりに励み、テンやカラスが襲わなければ、5月下旬にも巣立ちが見込まれるという。人が関わらない「野生のリレー」を目ざすからには手助けはできない。なんだか胸が詰まる。

日本のトキは、乱獲や戦後の乱開発で03年に絶滅した。中国から届いた個体による人工繁殖は成功し、4年前に佐渡で始まった放鳥は5回、78羽を数える。半数以上が生き抜き、抱卵中のつがいも多いそうだ。

あらゆる生物には、したたかに種(しゅ)をつなぐ知恵が備わる。ある種が短期間に死に絶えるのは、だから自然なことではない。この地球で「不自然な力」を振り回している種は、一つしかない。〈絶滅種数え尽くして青い空〉小池正博。

日々100種ほどが地球から消えているという。多くは、トキのように美しくも、パンダのように愛敬者でもない。彼らへの供養には足りないが、せめてこの空に、ニッポニア・ニッポンの学名を持つその鳥をお返ししたい。それが環境を、つまり人を守ることにもなる。

>>TENKOU^ˇ^<<

島の原発事故の後、原子力発電についてどのように考えるか

Posted by on   0 comments   0 trackback

2050年3月12日(土) 晴れ

久しぶりの青空で、今日は水族館へ行った!そして、あの話題の「国立水族館」だ!!三時間も並んで、やっと中に入った。入ってから、直接にあれを見に行ったの。本当に凄い!!!

あの魚はね、青色で、大きいマクロのような大きさで、でも、目がとても大きくて、うん、ピンポン玉のようだ。そして、口にはのこぎりのような歯があって、ワニの皮でも噛み切れるそうだ!そして、その自身の皮はナイフでも切れないそうだ。じゃ、海ではもう敵がないよね。本当に凄い!これは伝説の「海の覇者」だよね!!

そして、パンフレットでは、「この新魚種は、一ヶ月前漁師により日本海で発見され、二週間もかかって、やがて捕まえたのだ。非常に乱暴で、漁師の二人が怪我をしてしまった。肉食動物で、人食い魚とは同系という説もある。平均寿命はまだ不明だが、天敵がないため、少なくとも20年だと見込める。正式の名前はまだないが、遺伝子の突然変異で生まれたものだと思われ、『変種魚Ⅰ』と呼んでいる。また、体中の遺伝子が安定していないため、次代では更なる変異がある恐れもある。」と書いてある。うん、つまり、遺伝子の変異でできたモンスターなの???

そういえば、確かに、授業で何十年前に日本海のところに原発事故があったということを勉強したことがあったよね。母も言ってくれた。確かに、あの時は津波でたくさんの人が死んでしまって、そして原子力発電所が壊れて、海も汚染されてしまっただって。まさか、それと何か関係あるの??

うん、汚染で魚が異変して、そして『変種魚Ⅰ』が出てきて、変種魚Ⅰが『変種魚Ⅱ』を生んで、そして『変種魚Ⅲ』を生んで……怖い!!そして、もし、うっかりして、変種魚を食べてしまったら、私の体でも異変が起こるの??私も変種魚のようになるの?嫌だ!!!!想像だけでも怖い!

私は明日から、もう魚を食べない!いや、水をやった野菜も危ない!お米も危ない!どうしよう?どうしよう?

電子力発電なんか、要らない!!!でも、もしなかったら、電気がないでしょう?そうしたら、パソコンもできないし、テレビも見られないし……どうしよう……

よし!決めた!将来は、科学者になる!科学者!!そして、安全的に原子力が使える技術を研究するの!それなら、みんなは食べ物の心配も要らないし、電力不足の心配も要らない!やはり、科学が最高!!!

うん、今日はここまで~明日からは、苦手な数学をちゃんと勉強しよう~!!ファイト!


>>TENKOU^ˇ^<<

日本の各業界の平均年収

Posted by on   0 comments   0 trackback

どんな仕事であれ、働いていくうえで気になるのはやはり給料のこと。特に、自分の年収がその業界において高いのか低いのか、知りたい人も多いのではないだろうか。また、各業界の平均年収の推移を知ることで、その業界自体の伸び具合なども把握できるはず。

国税庁の民間給与実態統計調査では、平成22年12月31日までのデータを元に、各業界の平均年収を発表している。

それによると、平成22年において平均年収がもっとも高い業界は「電気・ガス・熱供給・水道業」で696万円、2番目は「金融業,保険業」の589万円、以下、「情報通信業」の564万円、「学術研究,専門・技術サービス業」、「教育,学習支援業」の509万円と続く。

14に分かれた業界のうち、平均年収が500万円を超えるのはこの4つの業界のみで、400万円台は4業界。300万円台は「医療,福祉」の389万円、「不動産業,物品賃貸業」の387万円などの5業界、200万代は「宿泊業,飲食サービス業」の247万円となっている。

1年前となる平成21年のデータと比べてみると、14業界のうち8業界で平均年収がアップしている。だが、平成20年までさかのぼって推移を見てみると、平成20年から21年の平均年収は全14業界のうち「不動産業,物品賃貸業」以外の13業界ですべてダウンしており、平成22年の結果は「成長」というより「回復」に近いといえよう。

その証拠に、平成22年の平均年収が平成20年を上回った業界は、「電気・ガス・熱供給・水道業」(675万円→696万円)、「不動産業,物品賃貸業」(377万円→387万円)のみとなっている。まだまだ回復途中ということかもしれない。

反対に、平成22年の平均年収が平成21年から下がった6業界は、「金融業,保険業」(625万円→589万円)、「情報通信業」(567万円→564万円)、「運輸業,郵便業」(413万円→406万円)、「複合サービス事業」(402万円→400万円)、「医療,福祉」(392万円→389万円)、「不動産業,物品賃貸業」(389万円→387万円)である。

「不動産業,物品賃貸業」は全業界が苦しんだ平成21年に成長、全体的に回復傾向にある平成22年に減収となっており、他業界とは異なった動きを見せている。

さらに、平成20年と22年の平均年収を比べてみると、「金融業,保険業」は60万円ダウン、「情報通信業」は52万円ダウンしており、数字からは厳しい状況がうかがえる。そのほか2年連続減収の業界では、「運輸業,郵便業」が24万円、「医療,福祉」が11万円、「複合サービス事業」が9万円下がっている。

回復を見せる業界が多いだけに、2年連続で下がっている業界についてはそれぞれに大きな理由がありそうだ。

来年以降は、東日本大震災の影響が年収面に顕著に出る可能性があり、各業界の様相はまたガラッと変わっているかもしれない。
>>TENKOU^ˇ^<<

中国人が考えている日本人について

Posted by on   1 comments   0 trackback

中国人の作った文章:日本人は自分の考えを人前ではっきり言わないとか、日本人は何を考えているのか分からない、と言う外国人がよくいます。又、日本人が実際に言葉で言うことと本当に考えていることが違うことがよくある、と言う人もいます。
  
例えば、お客さんに飲み物や食べ物を勧める時に、どんなにおいしい物を勧める時でも、「何もございませんが、どうぞ」と言ったり、お客さんがいくら立派なお土産を上げる時でも、「つまらない物ですけど、どうぞ」と言って上げたりします。本当においしい物を上げるんだったら、「これはおいしいですから、どうぞ召し上がって下さい」、高いお土産を上げるんだったら、「これはとてもいい物です。どうぞ」と言って上げればいい、と外国人が思うかもしれません。しかし、このような言い方は日本の文化を基にした典型的な日本の言い方です。言葉の背後にある日本の文化を勉強すれば、日本人がどうしてこういう言い方をするのか分かるようになります。
  
アメリカでは、自分は他の人と違ってこんな良い点を持っている、自分は色々なことができるんだ、ということを他人に分かりやすく見せようとしますが、日本ではその反対です。日本では「謙譲の美徳」が尊重されます。「謙譲の美徳」というのは、自分や自分の家族を実際より低く見せることによって相手の地位を高めて尊敬しよう、という気持ちです。だから、何か贈り物を出す時に「何もございませんが、どうぞ」とか「つまらない物ですけど、どうぞ」とかいう言い方が使われるんです。これらは慣用表現ですから、深く考えなくてもいいです。日本人は飲み物を出す時やお土産を上げる時に、こういう言い方をするんだなあ、ということが分かればいいでしょう。
  
他に、アメリカではよく人前で家族のことを褒められると、「ええ、うちの主人は料理や洗濯を手伝ってくれて、とてもいい主人です」とか「うちの子供はピアノが上手で、よくリサイタルをします。私が何も言わなくてもうちで学校の勉強をよくするし、本当に良い子供です」とか自分の家族のことを褒めることがあります。でも、日本では滅多にありません。「おたくの奥さんは料理がお上手ですね」と言われても、御主人は、「そうなんですよ。とても上手で、プロの料理人のようです」とは言いません。「お子さんはよく勉強ができますね」と言われても、お母さんは、「ありがとうございます。本当に良い子です」とは言いません。普通は謙遜して、「いいえ、まだまだ下手です」とか「もう少し勉強してくれるといいんですが、、、」とか否定的なことを言います。それは、日本には「謙譲の美徳」というものがあるからです。外国人がこの習慣を知らないで、日本語で自分の家族のことをたくさん褒めると、傲慢な人と思われてしまうかも知れませんから、気を付けて下さい。
  
毎日使われている日本語のなかにも謙譲語」と言われる「謙譲」を表す言葉があります。例えば、「明日DCへまいります」というのは「明日DCへ行きます」の意味で、「来週ゴルフをいたします」は「ゴルフをします」、「うちにおります」は「うちにいます」です。謙譲語は、自分を低くして相手を高めて、尊敬する言葉です。「いらっしゃいます」「召し上がります」「なさいます」など尊敬語と一緒に毎日の会話のなかでよく使われる言葉で日本人がよく使いますから、気を付けて聞いて下さい。

09403m044-0.jpg
>>嵐さずえTENKOU^ˇ^<<
>>嵐blue^ˇ^<<