嵐さずえ

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

目と鼻の病気

Posted by on   0 comments   0 trackback

f246c70a8bbf4d7ba8bf2c5c2b36dd83.jpg

涙が出やすい

目に現れる異常は、肝臓トラブルのサインかもしれない。

意外かもしれないが、目は肝臓とのつながりが深く、肝臓からのSOSサインが現れる器官。

少しだけ風にあたるなどの弱い刺激によって涙が出るのは、肝臓が弱っている人に多い。あるいは、老化によることもある。ひとまず、睡眠をよくとる、お酒を控える、緑黄色野菜を多く摂取するなどして、肝臓を休めたいもの。ひどい時は医師の診察を受けよう。

5005a1a5994944f79cee5e95600c05e6.jpg

目の周りにクマのような黒ずみがある

目の周りの皮膚は、他の部位と比べて薄いため、血液の色が反映されやすいといわれている。目の周りにクマのような黒ずみができるのには、大きく2つの原因が考えられる。

ひとつは、加齢によるホルモンの不足によるもの。もうひとつは、血行障害によるものだ。

問題なのは後者のパターン。血行障害は、夜更かしや過労、過度の飲酒や喫煙による生活習慣の乱れ、ストレスなどによって引き起こされる。また、女性であれば、婦人科系の病気が原因のことも。今はなんともないからといって、放っておくのはNG。生活のリズムを整えたり、軽い運動やストレッチを心がけたりして、血液循環を良くしていこう。また、血行を改善する生薬製剤を用いるのも効果的だ。

26a845c16001400dabe9ae0c0d9eb3e7.jpg

鼻の周囲に吹き出物が出る

呼吸をする器官である鼻は、呼吸器の中枢で、中国医学における五臓の「肺」および、ともに働く大腸からのサインもキャッチする。

中国医学では、「肺」と大腸は密接に協力して働いているとしている。その一例が排便で、呼吸器が弱いと大腸の力も弱く、便秘になりやすい。鼻の周りの吹き出物は「肺」か大腸にトラブルがあるサインかもしれない。

玄米や食物繊維の多い食品をとったり、ストレッチなどで腸を刺激して、便秘を改善しよう。スムーズに便が出るようになると、吹き出物がなくなり、肌もきれいになる。

>>TENKOU^ˇ^<<

心のやすらぎ

Posted by on   291 comments   0 trackback

「心のやすらぎ」というのは魅力のある言葉です。

心の安らぐ場所、心の安らぎを与えてくれる人、①それらを誰しも求めているのではないでしょうか。

その場合に居るだけで何かほっとした気持ちになる、あるいは、その人の傍に居ると別に何を話すとか何もないのだが、心がやすらいでくるということがあります。

このような場所とか人とかを持っていると、その人はどんなにか幸福でしょう。
  
「やすらぎ」ということを人々が強く求めるのは、日常生活にいかにそれが少ないかを意味しています。

今日、「忙しい」を連発して生きている人がほとんどではないでしょうか。

そんなことはない、老人たちは何にもすることなく生きているではないか、と言う人もあるでしょう。

問題は、その老人たちは、その忙しくない生活のなかで「やすらぎ」を感じているでしょうか、ということです。ここに人生の面白さがあります。

忙しすぎてやすらぎがない、という人がある反面、何もすることがなくてやすらぎがない人も結構存在するのです。

従って、ともかく人間というものは、仕事せずにいればやすらぐとか、暇になればやすらぐなどという単純なものでないことが分かります。
209.jpg
嵐blue^ˇ^

傷心旅行の勧め

Posted by on   370 comments   0 trackback

親しい友人が突然亡くなってしまったり、肉親のしにあったときなどは、心がそこにとどまって、ただ悲嘆に暮れるだけのつらい時が流れる。

その悲しみの深さは外側から計りしれないほど、悲痛なものがあるだろう。

悲しみで心がにっちもさっちもいかなくなったとき、ちょっと落ち着いたら、旅に出るのはどうだろう。

或いは八方塞がりだと思えるほど行き詰まって苦しくて、どうしようもなくなったとき、気分を変えて旅に出てはどうだろう。

どこかで、自分を苦しめている流れを変えるために。旅とは実にいいものだ。

ほんの少し、日常と別れ、全く違う場所に行くのだ。この日常から離れるということだけでも、苦しい流れを変える非常にいい手段である。同時に、自分を振り返ってみるのにもとてもいい。
  
また見知らぬ土地に降り立つということは、それだけでとても新鮮なものに触れられる。そこできっと、心が洗われるような体験をすることだろう。

だからこそ、行き詰まった自分にサヨウナラために、悲しみをもう少し遠くに置くために、思い切って旅に出よう。
141130n4nn5yaadba1oonm.jpg
http://storeuser2.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/blue2608hikari?alocale=0jp&apg=1&s1=bids&o1=a&mode=2&u=blue2608hikari

デート代は男性がおごるのが当たり前?

Posted by on   910 comments   0 trackback

デートの際、会計はどうしていますか? 割り勘?それとも男性がすべて、もしくは多めに負担していますか

? デート代は男性が負担することが多い風潮に疑問を感じる方から、こんな投稿が。

「女性は化粧品や服にお金がかかるのでデート代は男性が出すべきと思う方に質問」

質問者は、女性が身だしなみにかける金額が高いという理由で男性にデート代を支払わせているのであれば、

もし男性がデートのために300万円の車を買ったら、女性はデート代を支払う義務があるのではないか、とたず

ねました。

「彼氏におごらせることが正しい、という根拠が“彼氏とのデートの準備で使うお金が多い”なら、彼氏の立場に

たてば、彼女とのデートのための出費が多いという論法も成り立ちます。だから彼女がデート代を負担するの

が当然でしょう」

正論ですね。確かにそのとおりですが、男女の思考は違います。さて、女性の言い分は?

■女性の本音は「やっぱり出してほしい」

  「おごってくれる男性って包容力がありそうだし、収入の変わらない男性がおごってくれたら『私のため

に無理してくれているんだな』ってうれしくなります。お金っていうより、気持ちの問題じゃないかな」

“お金ではなく、気持ちの問題”、建前はこうなのでしょう。

  「車に300万も出させることは望んでいないし、デート代がなくなるのなら、そんな車に乗りたくありませ

ん。もし女性がデート代すべてを負担するとこうなります。

ヘアメイク、ファッションのランクが下がる

 輝く自分を見失い、車のためにお金を出す自分に疑問を感じ始める

 ↓

 私はヒモ…?

 ↓

 彼が愛しているのは私ではなく、車

 ↓

 自分を取り戻したい

 ↓

 別れよう

   「経験上、女性より明らかに収入が上の男性は、いくら高くてもすべて出してくれますし、そういう方

に『払いますよ』と言うのはかえって失礼なので『ごちそうさまです』を当たり前とします。高級車だからと

、女性がデート代を出す必要もないかと。また口説こうとデートに誘ってくる男性は、ほぼ割り勘とは言いま

せん。男性側でも、“餌”と考えているわけですからね。無理に割り勘にしようとは思いません」
ん)

男性は納得いかないかもしれませんが、こういう女性もいます。いや、これらの回答を見ていく限りでは、多

少なりとも女性の深層心理には、男性におごってもらいたい気持ちがあるのではないかと思います。なぜなら



   「デートのためだけに車を買ったなら、出すかも。それか車の購入代金を半分支払うからデートは割り

勘とかにするかも。ただ本音はデート代を負担してほしい」(a4doさん)

   「化粧品や服にお金がかかるのは彼氏のためではないですが、男性と女性では収入に差があるので『そ

の分多く出してね』というのが本音です」

女性側もデート費用を出す、身だしなみにお金をかけるのは自分のため、と前置きしつつも、本音では相手に

負担してもらいたがっているのですから。

とはいえ、不況の今、男性も女性も多くは、以前よりも自由につかえるお金が以前よりも減っているでしょう

。もしデート代を一方的に多く負担していることを重荷に感じているなら、相手にお金のことをしっかり伝え

、改善していけるフランクな関係を築きたいですね
u=1341557063,2333695750fm=23gp=0
u=550764721,2484116283fm=52gp=0
http://storeuser2.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/blue2608hikari?alocale=0jp&apg=1&s1=bids&o1=a&mode=2&u=blue2608hikari

回り道が人生を豊かにする

Posted by on   1 comments   0 trackback

 例えば突然の病気や怪我で、暫く入院生活を余儀なくされてしまった場合、大抵、人は「ああ、なんて回り道に入ってしまったんだろう」と、くよくよ悩んで、落ち込んでしまうことが多い。

「何ということだ。こんなところで大人しくしていなけりゃならないなんて、時間も暇もないというのに。」と、ついベッドで、ぎりぎりと歯軋りしてしまう。取り残されたような気分の中で。

こうした回り道体験を、損だと考えると、それはマイナスの体験でしかなくなってしまう。だが、「しばらく一休みをして自分を見直す、きっといい機会なのだ。」「自分をここで振り返りなさいという知らせなのだ。 」と、とらえれば、決して悪いことではない。それは逆に自分を見直すいい機会となる。

私の友人は、段階で転んで大腿部の骨を複雑骨折し、あらかた一月近くもの入院を余儀なくされた。普段から楽天家の彼は、いいチャンスとばかり、買い置きしていた折口信夫の全集を読破してしまった
u=2876179110,795521853fm=52gp=0
http://storeuser2.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/blue2608hikari?alocale=0jp&apg=1&s1=bids&o1=a&mode=2&u=blue2608hikari